行政書士試験に合格するには?試験内容と傾向を知ることが合格への近道

行政書士資格試験への合格は試験内容を知ること

行政書士という資格はいわば書類作成のプロともいえる資格ですが、作成対象となる書類の守備範囲が非常に広いため、多くの人が気軽に相談できる専門家といえるでしょう。行政書士の資格を取得するためには試験に合格する必要がありますが、最初のステップとしてまず試験の内容をよく理解し、どんな受験要綱になっているのかや出題傾向を分析する必要があるでしょう。試験範囲はかなり広いと言われていますので効果的に学習するためにも試験の分析が必要です。

行政書士資格を取るために受験資格と開催日時を知る

行政書士資格試験の内容でまず注目したい点が、受験資格と開催日時です。受験資格は年齢や学歴、国籍等を問わないことになっています。ここから読み取れることは、コアな専門知識だけでな一般常識も兼ね備えた人材を行政書士としては求めているということが読み取れるでしょう。また、受験の開催日時は、毎年11月の第二日曜に行われるのが通例です。年一回の試験ですので、合格できない場合は翌年にならないと再チャレンジできないという点もよく理解しておくべきでしょう。

行政書士資格取得のために出題科目を知る

行政書士資格を取得したければ、試験の出題科目をよく研究しておくことが必要でしょう。試験では、法令科目から46題出題されますが、その法令は憲法、行政法、民法、商法に加え基礎法学も含まれています。また、一般知識として14題出題されることになっていて、内容としては政治経済や社会、情報通信、個人情報保護等が含まれます。出題科目を見ると「これは大変な試験だ」と感じるかもしれませんが、出題傾向をしっかり分析し、要点をしっかりと絞って試験対策することが資格取得への近道となるでしょう。

行政書士の試験に対する関心が高まっています。必ず合格したいなら、通信教育で専門の講座を受ける方法が最適です。