NISAも確定拠出年金も!資産運用の基礎を学ぶ必要がある

資産運用は一部のお金持ちのものではなくなっている

昔は資産運用というと一部のお金持ちだけがやっている特別なものというイメージでしたが、今の時代は資産運用はお金持ちだけでなく、すべての大人が知っておきたいものという位置づけになってきつつあるようです。資産運用というのは、広い意味では不動産や商品まで含めた資産全体の価値の保全と価値アップをするために運用することを指しますが、狭義には株式や投資信託などの売買である金融資産の取引による運用を指すこともあるでしょう。

NISA制度の活用のための資産運用

ほぼすべての大人が資産運用を勉強した方がいいという理由の一つがNISA制度です。NISA制度は毎年一定の非課税枠が与えられ、金融資産に投資をし、そこから生まれた利益に関する税金は非課税にするという制度です。いまのところ、ロールオーバーまで含めると10年間非課税期間が続きますが、この制度の恩恵を十分受けるには資産運用によって利益を出さなければならないです。利益を出すためには、資産運用を勉強する必要があるでしょう。

確定拠出年金活用のための資産運用

もう一つ、資産運用を勉強すべき理由がありますが、それは確定拠出年金制度の対象者拡大です。今のところは、国民年金の第三号被保険者(会社員の専業配偶者)や公務員については確定拠出年金はできないことになっていますが、これらの人もこの制度の対象者に加わってくることになるでしょう。確定拠出年金は自分の年金を自分で運用して育てる仕組みになっていますので、当然資産運用の知識が必要になるのです。自分の老後を守るためにもしっかりと勉強しておく必要があるでしょう。

金の先物は金融知識が豊富で長年取引をしている方にオススメであり、初心者が行う場合は必ず専門家のアドバイスを受けてから始めると良いでしょう。