資産運用には焦りは禁物!売るべし買うべし休むべし

資産運用には焦りと奢りは禁物

資産運用をやっていくと、相場がいい時も悪いときもありますし、自分の狙っている銘柄がなかなか買えなかったり買った銘柄の価格が上がらず焦ったりすることもあるかもしれません。また、利益が上がってくるともっと儲けようと奢る気持ちも生まれてくることがあるでしょう。そういった気持ちになった場合は資産運用をやる人間の心理としては非常に危険だと言われています。そんな時には格言に学ぶことも大切で、そういったことを戒めている格言があります。

売るべし買うべき休みべし

投資の格言として「売るべし買うべし休みべし」というものがありますが、その意味するところはシンプルです。資産運用をする場合は、買うという行動と売るという行動しかないような気になりますが、実は売り買いせずにただ休むということも立派な投資行動だということをこの格言は教えてくれているのです。利益が出ていても損失が出ていても、人はとかく何か行動を起こして現状よりもいい状態にしようと考えがちですが、それが悪い結果を生むかもしれないと戒めている格言ででしょう。

「休むべし」の持っている効果とは?

この格言が教えてくれている通り、投資をする場合には休む期間があってもいいんだと理解できれば、焦って失敗したり過信して利益を喪失したりする危険性を減らせるでしょう。頭に血が上った時に何かすると冷静な判断ができず、結局失敗してしまうというのは実生活の中でも経験している人も多いはずです。それは資産運用の世界にもしっかり当てはまるということでしょう。胸を張って休み、頭をクールダウンさせることを覚えると資産運用も上手くなる可能性があります。

金や原油などの先物取引と同じように、ガソリンの先物も証券会社などを通じて取引することができる金融商品となっています。